So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

冷え性だったり、肩が張ったりするのは体質だから治らないと思っていました [生姜の効用]

 歳の同じ二人がいました。

 同級生で体格もほとんど同じで同じような趣味を持っていて、学校を卒業して違う仕事についても

 交流が途絶えることがなく、たぶんこの関係はこのまま続いて行ったりするのかな?

 なんて思う相手があなたにもいませんか?


 でも、この二人は決定的に違うことがあったのです。

 Aさんは、冬でも比較的薄着で過ごして、部屋でも最低限の暖房で過ごしているのに

 Bさんは、夏でも長袖を着て、冬になると何個も暖房器具を用意しなくてはいけません


64013dd25a44c8f5a4f7a4817a250cc0_s.jpg

 Aさんはアクティブに運動を楽しみ、色々なことに挑戦していけるのに

 Bさんは肩こり背中の張りを感じたりして、マッサージ屋さんや整骨院に通うことも多くなったりしている


 二人は同じ年齢なのに、

 どうやら健康に関してはずいぶん差が出来てしまったみたいです。


 日頃の運動の有無や生活環境はもちろん差を生む要因ではありますが、何よりの間違っていることはBさんが

 

 自分はそういう体質なのだ!


 という誤った認識を持っていたことです。


 確かに、人よりも緊張しやすい人はいるし、熱を作る筋肉がつきにくい人つきやすい人はいると思います。

 ですが、生まれた時、赤ちゃんの頃から冷え性という人がいるでしょうか?

 多くの赤ちゃんや子どもは身体が温かく、生命力にあふれているものですよね。


a44381891a7fc4fd9e17bfeb31528a93_s.jpg


 そうです。

 もし、あなたがこの瞬間、肩や足先に冷えを感じているとしたら、それはあくまで今までの生活習慣が原因となっているだけで、生まれながらにして冷え性体質、ということはないのです。


 <冷え>と言って、あなたは簡単に考えてはいないでしょうか?

 身体はそもそも熱を持っているもので、ある一定の熱があることで人間は活動ができます。

 小さな子どもが風邪を引いた時に<熱>を出したりしますが、大人になると風邪を引いても<熱>を出しませんよね?

 それは風邪に対して体が反発しようという力があるから。

 子どもは生命力が旺盛なのです。

 冷えはこれとは真逆の存在ですね。

 体温が低くなれば、免疫能力は低下し、癌細胞だって活発に動きます(癌は熱に弱い)


 今は問題ない

 今は気にならない

 少し厚着をすればいいし

 少しエアコンを調整すればいいし


 などのように考え、過ごして、いざ困った時に体質はすぐに変えられるものではありません。

 何より、あなたが冷えを感じながら面倒くさくなって、やりたかったことを先延ばしにしてしまうことこそ

 もったいないと言えませんか?


 健康に関することはすぐに始めることです。

 いいか悪いかわからないようなことであれば、しっかり熟慮する必要がありますが、

 冷え性を改善しておくということは「良い事」しかありません。

 

 今すぐ何かを始めたい! あなたがそう考えたならば、是非<金時しょうが>を試して見て下さい。

 

 しょうが? とあなたは疑問に思われるかもしれませんね。


773ae3c9593d16a35983ea96c3b0422e_s.jpg

 ショウガに含まれるジンゲロールやショウガオールは血管を拡張させ、血流を促進し、身体を温めるのに充分な力を持っています。あんまり運動をしたくない、薬とか飲みたくないという人でも食品ですから安心。


 でも、しょうがなんて調理しにくい……


 確かに薬味に使われることの多い生姜を食べる機会は限られています。

 効果は抜群であることはわかっていても、しょうがはあくまで脇役的な存在です。

 調理法だってそれほど多いわけでもなく、クセも強いので好みも別れ、始めたはいいけど続かない……なんてことになりかねない。そこで金時しょうがのサプリメントをオススメしたいのです。





 今、定期購入をすれば、一カ月分90粒入りが初回半額の1250円のお得価格。

 長く飲んで効果をじんわり効果を出していくことを考えれば、もちろん定期購入が最適です。

 例え、定期購入をしなかったとしても、一カ月分もあれば、その効果が実感できるはず。冷えにくくなり、身体が楽になった状態を実感したら、是非続けて行ってください。


 今日気とつけたことが、未来のあなたの身体を作っているのですから

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。