So-net無料ブログ作成

冷え性だったり、肩が張ったりするのは体質だから治らないと思っていました [生姜の効用]

 歳の同じ二人がいました。

 同級生で体格もほとんど同じで同じような趣味を持っていて、学校を卒業して違う仕事についても

 交流が途絶えることがなく、たぶんこの関係はこのまま続いて行ったりするのかな?

 なんて思う相手があなたにもいませんか?


 でも、この二人は決定的に違うことがあったのです。

 Aさんは、冬でも比較的薄着で過ごして、部屋でも最低限の暖房で過ごしているのに

 Bさんは、夏でも長袖を着て、冬になると何個も暖房器具を用意しなくてはいけません


64013dd25a44c8f5a4f7a4817a250cc0_s.jpg

 Aさんはアクティブに運動を楽しみ、色々なことに挑戦していけるのに

 Bさんは肩こりや背中の張りを感じたりして、マッサージ屋さんや整骨院に通うことも多くなったりしている


 二人は同じ年齢なのに、

 どうやら健康に関してはずいぶん差が出来てしまったみたいです。


 日頃の運動の有無や生活環境はもちろん差を生む要因ではありますが、何よりの間違っていることはBさんが

 

 自分はそういう体質なのだ!


 という誤った認識を持っていたことです。


 確かに、人よりも緊張しやすい人はいるし、熱を作る筋肉がつきにくい人つきやすい人はいると思います。

 ですが、生まれた時、赤ちゃんの頃から冷え性という人がいるでしょうか?

 多くの赤ちゃんや子どもは身体が温かく、生命力にあふれているものですよね。


a44381891a7fc4fd9e17bfeb31528a93_s.jpg


 そうです。

 もし、あなたがこの瞬間、肩や足先に冷えを感じているとしたら、それはあくまで今までの生活習慣が原因となっているだけで、生まれながらにして冷え性体質、ということはないのです。


 <冷え>と言って、あなたは簡単に考えてはいないでしょうか?

 身体はそもそも熱を持っているもので、ある一定の熱があることで人間は活動ができます。

 小さな子どもが風邪を引いた時に<熱>を出したりしますが、大人になると風邪を引いても<熱>を出しませんよね?

 それは風邪に対して体が反発しようという力があるから。

 子どもは生命力が旺盛なのです。

 冷えはこれとは真逆の存在ですね。

 体温が低くなれば、免疫能力は低下し、癌細胞だって活発に動きます(癌は熱に弱い)


 今は問題ない

 今は気にならない

 少し厚着をすればいいし

 少しエアコンを調整すればいいし


 などのように考え、過ごして、いざ困った時に体質はすぐに変えられるものではありません。

 何より、あなたが冷えを感じながら面倒くさくなって、やりたかったことを先延ばしにしてしまうことこそ

 もったいないと言えませんか?


 健康に関することはすぐに始めることです。

 いいか悪いかわからないようなことであれば、しっかり熟慮する必要がありますが、

 冷え性を改善しておくということは「良い事」しかありません。

 

 今すぐ何かを始めたい! あなたがそう考えたならば、是非<金時しょうが>を試して見て下さい。

 

 しょうが? とあなたは疑問に思われるかもしれませんね。


773ae3c9593d16a35983ea96c3b0422e_s.jpg

 ショウガに含まれるジンゲロールやショウガオールは血管を拡張させ、血流を促進し、身体を温めるのに充分な力を持っています。あんまり運動をしたくない、薬とか飲みたくないという人でも食品ですから安心。


 でも、しょうがなんて調理しにくい……


 確かに薬味に使われることの多い生姜を食べる機会は限られています。

 効果は抜群であることはわかっていても、しょうがはあくまで脇役的な存在です。

 調理法だってそれほど多いわけでもなく、クセも強いので好みも別れ、始めたはいいけど続かない……なんてことになりかねない。そこで金時しょうがのサプリメントをオススメしたいのです。





 今、定期購入をすれば、一カ月分90粒入りが初回半額の1250円のお得価格。

 長く飲んで効果をじんわり効果を出していくことを考えれば、もちろん定期購入が最適です。

 例え、定期購入をしなかったとしても、一カ月分もあれば、その効果が実感できるはず。冷えにくくなり、身体が楽になった状態を実感したら、是非続けて行ってください。


 今日気とつけたことが、未来のあなたの身体を作っているのですから

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

意外と盲点になっていませんか? 本気妊活の最低条件 [生姜の効用]


 好きな人が出来て、想いが通じて、幸せな気持ちで結婚を迎えて夫婦になれた。

 二人で楽しく過ごす、アツアツの時期を過ごして、そろそろ子どもでもほしいかな……なんて思っているのに

 妊娠しない……。

 どうして?

 どうして妊娠しないの?


 同世代の友人たちも同じように結婚をして可愛らしい子ども服を着せた自分の子を連れ育児に奔走しているのに、どうして自分のところには赤ちゃんがやってこないのだろうか? と思い悩んだりしていませんか?


b21ea0a05fc341e66eb3ac7401c6c583_s.jpg



 若い時には、結婚をすれば妊娠して出産することなんて、自然のことで当たり前のように起きると思っていた。

 あなたもそんな風に考えていませんでしたか?

 色々な理由で結婚も遅くなったし、仕事だって忙しかったし、ここに来るまでに妊娠するほど心の余裕もなかったんだもん! と、いう本音はあっても、やっぱり親族の目や周囲の目、何より自分自身の子どもがほしいという気持ちが、心を焦らせますよね。こればっかりは焦ったとしても良い結果を生むものではありません。

 イライラしたり、カリカリしたりしても、妊娠は遠のくばかり。


 今は、病院で人工授精を、顕微授精をやってるし……

 

 いえ、ちょっと待ってください!

 まずは妊娠するための土壌となる自分の体を整えていくが何よりも先決です。

 人工授精も顕微授精も想いの他費用の掛かる治療法

 しかし、いくら種を蒔こうとも、畑を耕さないで蒔いた種が育つは難しいもの。冬の雪の積もる日に種を蒔いたりしないですよね? 種を蒔くに良い状態、タイミングがあるのだと理解しなくてはいけません。



 もし、あなたがストレスの多く残業もあるような職場で長く働いてきたのだとしたら、

 もし、食事も不規則で、栄養バランスもあまり考えないで食事をしてきてしまっているとしたら、

 もし、冷たい飲み物や甘い食べ物が好きで今まで好きに食べてきてしまっているとしたら、


7c328ae954934bb897d021a465fdf2c6_s.jpg


 まずは自分の体を整えることを考えなくてはいけません。

 だって、あなたの身体は今までの生活で疲れてきってしまっているのですから。

 不妊治療はしっかりとした身体が出来れば、成功する確率もあがります。

 つまり、人工授精や顕微授精の前に、準備をしていくことが大事なのです。



1f8c4ee3cf8433d8c77c781d77111dfc_s.jpg


 規則正しい生活や適度な運動。出産には筋力が不可欠ですものね。

 そして何より、身体を冷やさない、温かな身体になっておくことです。

 卵を産む動物は、卵を産んでしっかり温めすが、人間は体内に卵があり、子どもが大きくなるまで

 お母さんの体内で育ちます。

 だからこそ、温かな身体でいることはとても大事だと思いませんか?

 冷え性だったり、冷えやすい体質の人はまず、それを改善することを考えてみましょう。

 


トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

温かくなるから温める必要なんてない、なんて思っていませんか? [生姜の効用]


 もしかしてだけど、もう気温が高くなってきたから身体を温める必要なんてない、

 なんて思ったりしていませんか?


 今まで来ていた冬物をすっかりタンスの奥へとしまい込み、薄手の春物を着る機会が多くなってきましたね。

 風が吹くとじんわり搔いた汗を拭って心地よい!

 これからどんどん温度は上がっていくのでしょう。(個人的にはこれくらいの温度で留まっていてほしいものですが)


 今は、それほど感じないかもしれませんが、すぐに電車や建物の中にはエアコンが効き始め、あなたが思っている以上の身体を冷やされたり、温度差のある所に出入りしなくてはならなくなったりしませんか?


 エアコンの効いた電車の中から外へ(暑い→涼しい)

 外からカフェの中へ(涼しい→暑い)

 室内が職場で、ずっと室内にいるとすれば身体の季節感はどんどんなくなっていくことになるでしょう。


 それに、外が暑くなれば、どうしても冷たいものが食べたくなるし、飲みたくなります。

 熱中症、脱水症状。近年は夏場のニュースで決まって取り上げられまいます。

 水分は取らないわけにはいかない、身体を冷やさないわけにもいかない、という状態がやってきてしまいます。


 冷たいものを身体に入れることで、身体は冷えますが、内臓の動きは悪くなります。

 ダルくてしんどい……。

 食欲がない……。

 結局食べやすいものばかり食べてしまう悪循環……。

 結果、涼しくなるまでグダグダと活力の失われた生活をしてしまう。


b1d9f964f8d21fc756c22392f4aec811_s.jpg


 どうして、こんな時期にこんな話しを書いているのかって?

 それは、その時期になってから、その状態になってから良くしていこうとすると手間がかかってしまうからです。

 健康は先手先手を打っていく方が、少ない労力で済むし、何より辛い想いをしないものです。

 普段存分に運動をする人はいいかもしれません。

 休日にテニスをする人、ゴルフをする人、スポーツジムに通う人、

 朝早くおきてジョギングする人なら身体の巡りはよく内臓の動きも活発かもしれません。


51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s.jpg



 あなたが、それらのことを規則正しく行える人ならば、これはあまり意味のない提案です。

 しかし、そうでないなら、是非身体を温めること意識することをオススメします。




 特にオススメしているのは、生姜などの自然なもので温める方法です。

 生姜に含まれているショウガオールという成分は、胃腸に働きを活発にして身体を温める作用があります。

 ショウガオールとは生の生姜に含まれるジンゲロールという物質に熱が加わったり、乾燥したりすると変化するもの。

 このジンゲロールを多く含んでいるのが生姜の中でも金時生姜なのです。

 もし、これから先で、バテたり、疲れやすさを経験したくないのなら。試してみる価値はありますよ。

 

トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。