So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2017年04月 |2017年05月 ブログトップ

今は困っていないから将来も関係ない、なんて思っていませんか? [生姜の効用]


 テレビで青汁のCMなんかを見ると、大きな病気をきっかけに青汁を飲み始めました、とか、昔は無茶をしていたけど、気と遣うようになりました。なんていうセリフを聞いたりしませんか?


6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s.jpg


 もしくは女子高生が寒い日なのにスカートを短くして足を出して歩いているのを見て、そう言えば昔は私もあんな感じだったけ。よくあんなに足を出していたなぁ、とか思ったりしていませんか?


 確かに若い頃は、寒いのなんか気にすることなく足だって出せていたし、好きなものを食べたり多少の暴飲暴食をしても構わなかったかもしれません。

 しかし、ある程度年齢が上がってくるとそうはいかないですよね?


820d4969e5600ab389fe67ad3f941b35_s.jpg



 以前よりも、冷えを感じるし、肩だって張る疲れやすくなったような気がするし、実際疲れが抜けにくい

 年齢を重ねれば、誰でも衰えてくるもの。それは過去の生活習慣が今を作っているのですね。

 

 昨日、お酒を飲みすぎなければ今日二日酔いになることなく、

 昨日食べ過ぎていなければ今日胃に重たさを感じることはありません


 今のあなたは過去のあなたが作ってしまいました。未来のあなたは今のあなたが作ります。

 今が例え、それほど不調でなかったとしても、少しづつの積み重ねが大きな成果や後悔を生むことは

 賢明なあなたならば、内心ではわかっていますよね?

 夏休みの宿題を最終日までやらなければ、最終日に苦労をしなくてはいけません。

 宿題ならば構いませんが、身体のことになったら、大変ではすみません。

 少しの努力や心がけが、先の未来では大きな差となってくるものです。


da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpg

 

 身体を冷やして免疫力を下げたままで日々を過ごすよりも、温かな身体で過ごす方がいいと思いませんか?

 適度な運動に、良い食事、良い睡眠、均整のとれた生活習慣。どれも大事なものですが、

 とはいえ、取りにくい栄養素というものはあるものです。

 質の良いサプリメントで補ってみてはどうでしょう?




トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

気になる! 身体に効く生姜の成分・ジンゲロール [生姜の効用]


 生の生姜の中に多く含まれているのが、ジンゲロールという成分です。

 ちょうど生の生姜を食べた時に感じる生姜独特の辛み、あれがジンゲロールなのですね。

 ジンゲロールには血管を拡張させる作用があるので、身体の末端の滞りがちな部分にも血流が行くのを助けてくれます。


 ジンゲロールの効果


 血流促進(血管を拡張))による冷え性の改善

 免疫力の向上

 二日酔いなどの不快感の改善

 コレステロール値を低下させる(胆汁の分泌を促進)

 ダイエット(血流促進で代謝がアップ)

 アンチエイジング(抗酸化作用)

 殺菌作用


 このジンゲロールの作用は、身体の内側にある熱を末端まで行きわたらせるというもの。

 運動をあまりすることもなく、汗をかく機会が少ない、ストレスも多くて手足が冷える、というような身体の内側に熱を貯め込みやすい人には嬉しい作用ですね。

 生姜を取ると安眠できるという話がありますが、夜寝る時には手足から身体の熱が放散されますので、それを助けてくれるかもしれているのかもしれません。

 それにジンゲロールは皮膚からも吸収するので、生姜をお風呂に入れたり、湿布にしたりなどをしても身体を温める作用があるのです。


773ae3c9593d16a35983ea96c3b0422e_s.jpg


ジンゲロールの弱点

 ジンゲロールは酸化に弱いので、 擦り下ろすなどしてすぐに食べないと酸化をして効果が減少してしまいます。

 そのため作ったのならすぐに食べてしまうのがいいですね。

 薬味として用意lしておいたものを時間が経ったあとに食べたら、風味が飛んでいた、というような経験ありますよね?

 これはジンゲロールがすでに酸化してしまい、作用を発揮できなくなった状態だったのですね。


94c79580dde3322ebcb5e0e934df5eea_s.jpg



  効果を出すためには、調理してすぐに口に入れるのがいいのでしょうけど、なかなかそうはいかないと思いませんか?

  だったらサプリメントで取ってしまうというのが楽ですよね?

  だって、袋から出して、もしくは瓶からだして、手元にある飲み物で飲むだけなのですから!

  生の生姜を使ってしまっては、冷蔵庫から出して、包丁を出して、切って、すりおろし器で擦って……

  もちろん、健康は何よりも大切なことだけど、

  あなたの貴重な時間をたくさん使ってしまうのであれば、いくら有効であっても考えもの。身体を温めるのも、それを行うのも効率よく、手軽にできるといいですよね!




トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

身体を温める作用の強い生姜とそうでない生姜、知っている? [生姜の効用]

 

 生姜を食べると身体が温まるって? 

 そんなの知っているけど、言うほどでもないよ

 どの生姜を食べたとしても同じでしょう?

 生姜って、そもそもそんなに種類があるの?

 

 身体を温める作用のある生姜ですが、どんな生姜でも同じように身体を温めるというわけではありません。

 生姜の中の身体を温める成分は大きく分けて三つ

 


 ジンゲロール


 ガラノラクトン

 

 ショウガオール


 これらは生姜の中に含まれている成分ですが、生姜の種類によっては含有率が違うのです。

 もちろん、成分が多く含まれている方が身体を温める作用も強いことは言うまでもありません。

 ジンゲロールやガラノクトンを比較的多く含んでいると言われるのが、生姜を切った時に断面が黄色の黄生姜ですが、それ以上にジンゲロールやガラノクトンを含む生姜があるのです。

 それが「金時生姜」。

f0a0f7cd8c5ff150835a6192e81e526f_s.jpg


 強い太陽のもとで育つ金時生姜は、その成分も豊富で、ジンゲロールは黄生姜の四倍、ガラノクトンはなんと10倍も多いのです。

 一回に口にすることができる分量というのは限界があるし、何より生姜ばかりを食べてはいられませんよね?

 だからこそ、少ない分量でたくさんの栄養素が含まれているものを選ぶ必要性があるのです。

 でも調理が面倒くさくないかって?

 いいえ、ご安心ください。

 この金時生姜の成分を気軽に取ることができるとしたら……あなたはどうしますか?




トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

あなたは外から温めるだけで充分だと思っている? [生姜の効用]

 思いがけず雨に触れられ濡れてしまったり

 夜温かくして寝たのに明け方に冷えたのか体が冷えて起きてしまう時などありませんか?

 手足が冷えるだけでなく、身体が冷えると肩が張って来てしまい辛いのものです。


 こんな時、あなたならどうしますか?

 雨に濡れたら、身体を拭いて着替えて……

 明け方の冷たい空気に体が冷やされてしまったら、布団の中に潜り込んむ……

 肩が張ってきたら肩に何かを掛けますか?


 私だったら、手っ取り早くお風呂に入りたいですね!


479de14a19d8057dcb2e23b1f059d805_s.jpg


 少し熱めのお風呂に肩まで浸かってじっくり温まる。

 手足にじんわり熱が行きわたって、肩の力が抜けていく。やっぱりお風呂は最高ですね♪


 とはいえ、お風呂はあくまでも外から温めていくものです。

 血流がよくなっても身体の深いところまで温めるなら内側からも温めた方が早いですよね?


 身体を内から温めるものと言えば運動するのが一番ですが、私はあまり運動好きではないのです。

 運動以外の方法なら

 温かい紅茶やお白湯などを飲むとという方法もありますよね。

 これなら内から温めることができます!


 でも、この方法、ただのお風呂に入っているのを同じで、効果的とは言えないかも?


 お風呂だって、温泉とか入浴剤を入れた方が、その成分で体が温まったりします。

 何かを飲むのだって、温める作用のあるものを飲む方がより効果的!


 そこでオススメしたいのが生姜です。

 生姜は自然の物質で手軽に摂取できますし、辛い唐辛子でヒィヒィ言いながら温まるのではなく

 優しく身体を温めることができますね(^^♪


 身体の内からも温めつつ、お風呂に浸かれば最高ですね!




トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

身体の冷えをそのままにしているあなたは損をしている? [生姜の効用]


最近体がダルい。

活力がない。

風邪を引きやすくて、治りにくい。

エアコンや扇風機の風が苦手。

肩こり背中が強張る感じがする……



 こんな悩みを持っていませんか? 

 もしかしたら、あなたのその症状、冷えが原因かもしれないですね!

 背中もこわばって寒さを感じたりして、快適な状態とは程遠い……。

 6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s.jpg

 手足が冷えているだけでないかも! 


 身体の冷えが強くなると手足だけでなく、内臓の動きも悪くなったりして、代謝が知らず知らずの内におちていた……なんてこともあります。40歳を過ぎると特に代謝は顕著に低下するものですが、こんな症状ありませんか?


 何だか太りやすくて、痩せにくい昔は少し食べないでいるだけですぐに痩せたのに!


 運動をすれば痩せることはわかっていても、なかなか運動する時間もない。

 そうですよね?

 身体が冷えれば、活力自体が低下してしまいます。

 <動きたくない→熱が生まれない→さらに冷える→動けない>の悪循環!


595fb2da949a3390211c4371d77da1d9_s.jpg

 

 熱は筋肉によって作られるもの。もちろん運動するのが一番の近道! 

 でも、やる気と根気がいるものです。

 だったら気軽に食べ物で身体を温めるのがいいでしょう。

 

 唐辛子は温まるけど、辛いのは苦手。

 鍋も温まるけど、たくさん食べちゃいそう。

 そこで生姜はどうですか?


 生姜のクセや生姜の匂いが気になるし、それに調理するのが大変?

 でも飲みやすい錠剤タイプだったら?
 朝起きて、夜寝る時どんな時でも飲むだけでいいので面倒くさがり屋のあなたでも平気でしょう?



 生姜は漢方薬の中にも入っている身体を温める成分。

 自然の力であなたの身体を助け、あなたの健康と美しさを守ります!

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

-|2017年04月 |2017年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。