So-net無料ブログ作成
検索選択

気になる! 身体に効く生姜の成分・ジンゲロール [生姜の効用]


 生の生姜の中に多く含まれているのが、ジンゲロールという成分です。

 ちょうど生の生姜を食べた時に感じる生姜独特の辛み、あれがジンゲロールなのですね。

 ジンゲロールには血管を拡張させる作用があるので、身体の末端の滞りがちな部分にも血流が行くのを助けてくれます。


 ジンゲロールの効果


 血流促進(血管を拡張))による冷え性の改善

 免疫力の向上

 二日酔いなどの不快感の改善

 コレステロール値を低下させる(胆汁の分泌を促進)

 ダイエット(血流促進で代謝がアップ)

 アンチエイジング(抗酸化作用)

 殺菌作用


 このジンゲロールの作用は、身体の内側にある熱を末端まで行きわたらせるというもの。

 運動をあまりすることもなく、汗をかく機会が少ない、ストレスも多くて手足が冷える、というような身体の内側に熱を貯め込みやすい人には嬉しい作用ですね。

 生姜を取ると安眠できるという話がありますが、夜寝る時には手足から身体の熱が放散されますので、それを助けてくれるかもしれているのかもしれません。

 それにジンゲロールは皮膚からも吸収するので、生姜をお風呂に入れたり、湿布にしたりなどをしても身体を温める作用があるのです。


773ae3c9593d16a35983ea96c3b0422e_s.jpg


ジンゲロールの弱点

 ジンゲロールは酸化に弱いので、 擦り下ろすなどしてすぐに食べないと酸化をして効果が減少してしまいます。

 そのため作ったのならすぐに食べてしまうのがいいですね。

 薬味として用意lしておいたものを時間が経ったあとに食べたら、風味が飛んでいた、というような経験ありますよね?

 これはジンゲロールがすでに酸化してしまい、作用を発揮できなくなった状態だったのですね。


94c79580dde3322ebcb5e0e934df5eea_s.jpg



  効果を出すためには、調理してすぐに口に入れるのがいいのでしょうけど、なかなかそうはいかないと思いませんか?

  だったらサプリメントで取ってしまうというのが楽ですよね?

  だって、袋から出して、もしくは瓶からだして、手元にある飲み物で飲むだけなのですから!

  生の生姜を使ってしまっては、冷蔵庫から出して、包丁を出して、切って、すりおろし器で擦って……

  もちろん、健康は何よりも大切なことだけど、

  あなたの貴重な時間をたくさん使ってしまうのであれば、いくら有効であっても考えもの。身体を温めるのも、それを行うのも効率よく、手軽にできるといいですよね!




トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。